TOP /ランニングリスト/ 安政遠足侍マラソン

安政遠足侍マラソン

■ 坂本宿から碓氷峠へむかう古道
安中城址から中山道碓氷峠頂上にある熊野神社まで28.97km
日本におけるマラソンの始まりといわれる、山道を走る大会に初参加
今年は43回目、現在は仮装を楽しむ参加者がほとんど。10人の
クラブ仲間とお揃いの仮装で走る。なんと43回参加の女性がいた。

 安中城址(武家長屋) 8時00分スタート
 坂本浄水場 21km  2:19:30
 熊野神社  29km  4:12:11
 標高差 1050m 
■スタート会場で

ランニングクラブから参加した3人、頭にカツラ、半シャツ、羽織、はちまき、刀を揃えて走る。クラブのWさんの発案で8人の女性ランナーも揃いの支度。カツラで汗の心配したが、それほどでもなく苦にならなかった。
■上毛かるたの仮装

沿道の人が上毛かるたの上の句を読み上げると、下の句を答えながら走ったというチームが仮装大賞に選ばれたようだが、このグループかも。
■消防隊員

消防隊員が119の電話番号を揃えて走っている。仮装ではなく本物のプロの隊員達でした。

■こんな仮装も

坂本宿まではロードだが、登り基調のコース。


■坂本浄水場

21km地点、10時20分関門(実際は10時40分だった)。最初は坂本宿コースの仲間と一緒に走る。急がないと間に合わないといわれ、途中から別行動。予想していたより大変だった。ここの関門時間30秒前にギリギリ到着。(実際は20分前だった)。エイドや私設エイドがたくさんあり、水を飲み過ぎないように何ケ所もパスした。


■古道 坂本浄水場の関門からは山道
21kmも走った後の山道はきつい。足が攣りそうになる。
仲間に山道は歩くと言っておいたが、歩くのも大変だった。
先に行く戦支度の仮想をしたランナー達は熱いだろう。


■上毛かるたを背負って
平和の使者(ランナー)と応援する子供、ここは山中のエイド。
■ロボットが走る

大がかりな仮装をしたランナー。重い、熱い、走りずらい、これだけの仮装をして山道を走るのだから大変。ゴールしたのも自分より数分後。実力がなければ走れない。
■ゴールの熊野神社前

最終エイドまで一緒に走ったが、自分より3分ほど先にゴールしたI藤さん。70代だが今年は富士登山競走や上州武尊山トレイルなどが予定に入っているとの事。この後近くの食堂で団子とかけそばをいただいてから、回収バスで安中の駐車場まで行って大会終了。
inserted by FC2 system