TOP /ランニング記録

上州武尊山スカイビュートレイル
里山トレイル
の部

■25kmコースの中間あたり
100m急下降した後の登り返し、写真を撮りながら一休み

日程 2011年10月2日  晴れ
コース   25km 累積標高差 1200m
■急な坂

上の写真を撮った位置から登ってくるランナーを見る。走路は木の根っこがたくさんある、切った時には地面レベルで切ったのだろうがランナーが走り地面が下がり5ch程根が出ている。何回も引っかかり1度は転倒してしまった。根は枯れた落ち葉の中で見えにくい、近視で老眼の自分には厳しい。ロード用の靴は下りは滑ってしまう、やはりトレラン用の靴がよさそう。それと靴の中に石や木片らしき物が入らないようにカバーがあればよかった。会場の売店で売っていたようだ。


 ■トレイルランナー鏑木 毅さん

大会注意事項とコース紹介、今年が第一回という。私もトレラン初参加。
 ■鏑木 毅選手

記念撮影をしてもらう、ずいぶん身長が違う。ヒルがいるというのでタイツをはいて肌を隠したが今回は晴れが続いたためか心配無用だった。コースを振りかえってみると雨が降ったら大変、下半身泥だらけになりそうだ。
   ■山中を走る

中間点をすぎてなだらかな下り、快適に走っている頃。しかしゴール前の舗装路に出ると、とたんに足が重くなった。
 ■ゴールして

ゴール手前の2km程の舗装路は厳しかった、足が上がらない状態でトボトボと走っている。無料のウドン3杯とトン汁を食べてしまいました。帰宅してから計測してみたが体重に変化が無いのが残念。
inserted by FC2 system