TOP /ランニング記録

上州武尊山スカイビュートレイル

■25k50kコースの分岐手前
スタートしてから1時間15分かなりの坂道、まだ里山トレイルという風景。
いままで参加したトレイルとは一味違う。第一関門からのトレイルは
とやま雲上と北丹沢のコースの中間ぐらい、岩場の登りより大変。

コース  関門 タイム  ラップ 
スタート(6:00) 
 桐の木平キャンプ場   2:50:00 2:50:00 
野営場第一関門 4:00  3:48:00 58:00 
前武尊第二関門 6:00  5:23:00 1:35:00 
武尊山頂   6:34:00 1:11:00 
西峰   7:28:00 54:00 
スキー駐車場第三関門  8:00  8:15:00 47:00 
ゴール  10:00     
■スタート

プロデュ−スした鏑木 毅さんから注意事項等の連絡。台風の影響が考えられるので各関門の時間を1時間前倒しすると報告あり。1時間ぐらい問題ないだろうと思っていたが大ありでした。結局第三関門でタイムアウト。3時頃までは天気は曇り、雨は降る事は無かった。
■桐の木平キャンプ場

最初の水場、トイレもあり。ここまで17km程、3時間近くかかっている。登り下りが何回あったか、沢が3回はあった。
■中沢林道

階段状の登り、一歩一歩あるく。登りやすいのだが疲れる。タイムの早い人は走るのだろうか?
■中沢林道

すこし大きな流れの沢、天候によっては水の中を歩くことになりそうだ。
■川場谷野営場

関門10分前に到着、関門時間に引っかかることは無いと思い気にして無かったので、係員から案内されてびっくり。休憩もそこそこにスタート。これからがトレイル本番、今までは足慣らし。完走めざしてゼロビールをいただきました。
■前武尊への登り

滑りやすそうな岩に丸太とロープ、或いは岩や木の根を4本の手足で乗り越える段差等の登山道。数人の下山中の一般登山者と出会う。
■前武尊への登り

ようやく中間点、時間は11時、距離も時間も半分。後半は下り基調とはいえまだまだ山頂は遠い。こんな道ばかりなら楽なのに。
■武尊山頂への登り
前武尊山を通過、紅葉が始まっていた。時間は12時を過ぎている。
第三関門の時間が気になりだす。写真を撮っている場合では無いのだが。
トレイルランは楽しく走ろう。
■武尊山頂  2158m

12時30分山頂到着、関門まで一時間半、景色を見ることも無くすぐに下山開始。クラブTシャツを着ているので知らない人から声かけてもらう。皆さんも関門ぎりぎりか?
■武尊山頂方面をふりかえる

稜線の登山道を走り下る。ガスがかかり山頂は見えない。
■武尊山

ガスで山頂が見えたり見えなかったり。偶然山頂全景が良く見えました。
■第三関門手前 

関門手前150m、ゴールまで残り10km、制限時間は過ぎて歩いています。
■第三関門

スキー場第四駐車場、タイムアウトのランナー達が腰を降ろして休んでいます。すでに第一陣はバスでゴールに向かったという、皆さん悔しそう。バスに乗っているところを見られたくないと言っている人もいました。ここでゼロビールとウドン2杯をいただきました。ゴール会場でも食べようと思ったが無かった。去年は会場にあったのに残念。
■ゴール会場

ゴール出来なかったのに記念写真。来年は制限時間が1時間短くてもこの場所で完走の写真を撮りたい。富士五胡や北丹沢を走ったKさんやOさんはすでに完走して帰りの車の中だろう。この後道の駅を散歩して帰宅。


コース図

inserted by FC2 system