TOP /ランニング記録

信州戸隠トレイル

■戸隠山 瑪瑙山から戸隠スキー場を下る 8時10分頃

スタート 10/27 7:00
第1エイド 16k 3:48:00
第2エイド 25k 5:25:00
第3エイド 34k 6:45:00
 ゴール 45k 8:12:34
■瑪瑙山への登り 7時25分頃               
スタート前は寒くて大変、じっとしていないで身体を動かしながらセレモニーをやりすごす。スタート直後はゲレンデを登るがすぐに紅葉の樹林帯へ。今年は暖かったので紅葉が遅れているとの話だが、木の種類によって状況が違うらしい。
■最高地点近くで (飯綱山分岐)
急登の最高地点近くでは雪が舞ってきた。去年もコースに
雪があり特別の気候ではないという。正面の山の頂上まで
行くのかなと思ったら、手前の登山道分岐点で下山開始。
■戸隠古道 

1丁が109mと聞いた。最初は進んだ距離の目安にしたが、単位がこまかすぎて途中で止めた。
■20km地点 11時20分頃

落ち葉を踏みながら戸隠古道を走る、いや歩くかな。
■戸隠宝光社の石段

274段の石段、ミドルコースの早いランナーが歩かず走っていった。こちらは1段1段確実に転倒しないように注意して歩く。
■鏡池 第2エイド 

エイドでのエネルギー取得に気をとられ写真スポットでのシャッターを逃してしまう。通過してからエイドまで戻る気になれず、木々の間からの鏡池。ここから戸隠奥社の随神門あたりまでは、たくさんの観光客。挨拶をしながら間を駆け抜ける。中社をすぎて第2エイドから第3エイドまでは、勾配の少ない走りやすいトレイル。


■戸隠牧場
勾配の少ない牧場内を走る。走りやすくていいなと紅葉の景色を
見ながら、間隔が開いてしまった前のランナーを追う。しかしこの先が。

■戸隠牧場
                          
牧場内を牛が勝手に移動しないように隙間が広い橋。足が落ちそうで歩きずらいし注意して渡る。


 ■戸隠牧場

足首までつかる冷たい川、牧場の中で5か所も渡る。5か所めはもう勘弁してくれと思った。しかし後日になって、この牧場を走るのは、この川を渡る為にコース設定したと思うようになった。第3エイド(関門)には45分程前に到着。この先気を抜かずに走れば完走出来るかなと思いながら走ると、以外にも1時間50分程前にゴールできた。前夜同室のランナーに「足が攣る」と話したら「バナナに塩をつけるといい」と言われ各エイドで実践、見事1回も攣ることなくゴールできた。
■完走後

牧場をすぎの緩やかな長い登り、岩場のような変化もなく、精神的にきつい登り。ぬかるみも多く足元は泥だらけ、トレランの靴は走りやすければいい。今回は靴にお疲れさん。

■ゴール
ゴールの2k程前から視界がぼやけてきた。いつものエネルギー不足だ。
あと少しのゲレンデの下りだし、ぼやけて足元が見ずらいが、そのまま走りきる。
晴れているのに風が冷たく最後までウインドブレーカーを脱げなかった。
inserted by FC2 system