TOP /ランニング記録/ エコマラニック

伊勢崎エコ・マラニック

■ラブリバー親水公園
桜の花に囲まれて43k・34k・15kの全種目の100人ほどが同時スタート
今回は34kに参加、タイム計測なしで制限時間8時間。

日程 2011年4月10日 快晴

■開会式

開会式に先だち東日本大震災で亡くなった人達に黙祷。
震災後のきなみイベントが中止のなか久しぶりのランニングの大会。
エコ・マラニックの名のとおりタイムトライアルでなく歩くのも良し、ゴミを出さない様にマイカップ持参で走る。




■広瀬川サイクリングロード

コースは全てサイクリングロード。
往復で信号を渡るところは2か所だけ。コースを占有しているわけではないので自転車に注意して走る。
■利根川 島村渡船

今回34kに参加したのは43kのコースをショートカットするのに渡船を利用するからだ。マラソンコースで船に乗るなんて他にはないから。


■利根川を船で渡る

利根川の川幅、このあたりで橋の長さは約1km。船に乗るのは300m程、ここ船上で休んで後半にそなえる。
■利根川サイクリングロード

渡船の後対岸の埼玉県本庄側のサイクリングロードを走る。川原が続き単調な景色に一人だとつらい箇所。
■利根川サイクリングロード

菜の花に囲まれて走るランナー。規模の大きい大会ではないので前後にランナーはいない、黙々と一人で走る。このあたりの堤防の高さは群馬県側より1m高く出来ている、東京側に被害が出ない様にしていると聞いている、本当だろうか?
■腹ごしらえ

ここまでのエイドステーションでパンやチョコ、オレンジなど食べたが残り約9kmの地点のエイドステーションでは焼きまんじゅうのサービス。お店に入って注文し出来たてをいただく。しかし座ってゆっくりした為かこの後足が重く大変だった。
■ゴール 伊勢崎西部公園

ゴールでは一人一人にゴールテープを用意してくれた。これには皆さん喜んでいた。天気も良かったので、ゴールした後も2時間ほどここで完走者を迎えた。
■ゴール後の食事

ゴール後お帰り賞のお米とうどんの提供をうける。お代りは無し。
inserted by FC2 system