TOP /近況/ 

ウルトラマラソン

■利根川から見た県庁と群馬大橋・後方は赤城山
利根川サイクリングロードをランニング、距離は86.6km。
朝明るくなり始めた6時頃、自宅近くの広瀬川サイクリングロードを出発。
南下し広瀬川と利根川の合流点まで行き利根川サイクリングロードを北上し
渋川市の大正橋まで行く。帰路は同じ道を坂東大橋までもどる。ここから一般道の
本庄伊勢崎線を北上しスタート地点にもどる。計画は11時間32分だが予定を55分
オーバーしてしまう。これでは富士五湖100kmマラソンの時間内完走に届かない。

 日時 2月19日  AM6:05〜   
ポイント 距離 km  時間 予定との差 
スタート 0  区間 (分)
 坂東大橋 11.3 1時間22分  -7 
 群馬大橋 32.6  4時間3分 +2 
 上毛大橋  38.1  4時間50分 -8 
 坂東橋   42.5  5時間55分 +33 
 大正橋(ターン)  46.7  6時間37分 +6 
 昭和大橋  66.6  9時間29分 +7 
 福島橋  72.5  10時間18分 +2 
 坂東大橋  82.1  11時間36分 +2 
ゴール  86.6  12時間27分 +18 

 ■広瀬川で朝日(AM6:40)

朝5時にスタートの予定だったが暗い中での出発はヘッドランプや蛍光タスキが必要なので遅らせる。AM6.05分にスタート。朝日をあびながら広瀬川を下る。      

■島村の渡し(AM6:55)

利根川サイクリングロードに出る。耳あてを用意しなかったので耳が冷たい。土手下の道を走ってみるが風の強さは変わらない。
■坂東大橋(AM7:30)

1kmを7分で走り歩きを5km毎に5分入れる。10km毎に5分の休憩と15分の食事タイム2度をいれて計画。このとおりに走れれば100kmのウルトラマラソンを完走できる。
■五料橋(AM7:55)

ここから見る上毛三山はすばらしい。範囲が広くて写真におさまらない。風も無く暖かくランニング日和。
  ■福島橋(AM8:35)

左側が道路橋、右側が同じ構造の水管橋。アーチの圧縮材で橋桁を吊っている。
■案内図

玉村町斉田にあるサイクリングロードの案内板。渋川市の大正橋が終点になっている。この案内図の道を進む。
■昭和大橋(AM9:29)

大きな地震で橋が外れないように補強してある。阪神大震災の後、橋脚や橋げたが補強された。
■群馬大橋(AM10:13)
   前橋商業高校グランド

ここに来た時前商が練習しているのをみると立ち止まって見てしまう。日曜のせいか父兄や女子マネもいるし部員もいっぱい。炊き出しもあるようで大きな釜から湯気がたっている。ここを過ぎてから足が重くなりはじめる。
  ■上毛大橋(AM10:55)

上毛大橋脇の厩社、陽が当たりこの時間は寒くはないが馬がコートをまとっている。利根川脇で朝晩冷えるのだろう。ここまでは順調で予定時間より13分早い。
  ■よしおか温泉(AM11:20)

おきりこみの昼食、30分かかる。おむすびの様に立ち食いできるものがあればよかったのだが。ここでエイド休憩を使いきってしまったので帰りは写真とトイレ以外は休憩なしで行く。この後は完全にペースが落ち30%は歩いてしまう。
■坂東橋 (PM0:03)

小さい時からみてきた坂東橋。サイクリングできたときも遠かったが今日は走ってきてしまった。
■大正橋(AM0:45)

ようやく折り返し地点。写真を撮ってすぐにUターン、トボトボと走りだす。
■吉岡温泉付近

遠くに見えるのは雪をかぶった上州武尊山。
■坂東大橋(PM5:44)

最後の橋,坂東大橋に到着。ここからゴール地点までの4,5kmに50分かかる。信号待ちで歩いていたら疲れがどっと出てきてほとんど歩いてしまった。100kmを14時間以内に走るには20分オーバーの記録。昼食タイム30分と坂東大橋からゴールまでのタイムロスが少なくできれば時間ギリギりで完走出来るかな?
inserted by FC2 system